病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税増税は不可避 額賀さん、早くも財務省の言いなり

消費税増税は不可避=日銀総裁、官僚OB排除せず-額賀財務相

額賀さん、早くも財務省の言いなりですね。

「あらゆるところ」=「財務省」ですからね。

歳出削減が第一ですよ。

今日の日経新聞に載っていましたが、
国土交通省が全国で建設中のダム149基の建設費が約9兆1000億円と当初見積もりの約1.4倍に膨らんでいるそうです。

無駄な公共事業の見直しで、いったん建設を凍結したダムでも建設再開の動きがあり、
さらに建設費が膨らむ可能性が大きいそうです。


時事通信です。

額賀福志郎財務相は29日、時事通信などのインタビューに応じ、「景気が悪くても社会保障費負担は増える。安定的に財源を確保することが基本だ」と述べ、

2009年度の基礎年金国庫負担増に伴って消費税増税は不可避になるとの考えを表明した。

増税を見送り、赤字国債増発で対応する可能性については「安定財源ではない」と否定的な見解を示した。


額賀財務相は「(野党は)国民の切実な課題に応えることが必要との認識を持つべきだ」と強調。

その上で、消費税増税に反対する野党が参院の過半数を占める中、消費税問題に関する与野党協議の場を設けるべきだとの考えを示した。


来年3月末に任期満了となる日銀の福井俊彦総裁の後任人事に関し、額賀財務相は「官僚だからだめというのではなく、最適な人材を選ぶべきだ」と述べ、武藤敏郎副総裁(元財務事務次官)も排除せずに検討するのが望ましいとの考えを明らかにした。

9月末に任期が切れる政府系金融機関トップの後任人事も、「あらゆるところから人材を集め、考えていくのがいい」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070829-00000149-jij-pol
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。