病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍新体制 注目したい民主党との関係

安倍新体制 注目したい民主党との関係

今までの安倍さんの議会運営は、数にまかせたゴリ押し強行採決ばっかりでしたからね。

9ヶ月の間に20回くらい強行採決しましたよね。

まず、それを反省しますと表明しないと始まらないんじゃないですかね。

それと、小沢シフトが凄いですね。

囲碁友達の与謝野官房長官、岩手県知事だった増田総務大臣、鳩山幹事長の弟の鳩山法務大臣、小沢さんの元側近だった二階総務会長。

これで、民主党との折り合いがつかなければ、もう手のうちようがないですね。


IZAです。

安倍晋三首相(自民党総裁)は党役員人事と内閣改造を断行し、新体制がスタートした。

今回の人事では、党の要の幹事長に首相の相談役である麻生太郎前外相を起用したほか、野党と政策協議を行う政調会長には首相の盟友、石原伸晃前幹事長代理を昇格させるなど、随所に安倍カラーもみることができる。

首相としてはこれを契機に、山積する課題を処理し、内閣支持率を回復したいところだろう。


今後の政治日程に目を向けると、内政面で最初のヤマ場となるのが、9月に召集される臨時国会だ。

この国会では、衆参両院の多数派が異なる「ねじれ国会」になってから初めて実質的な審議が始まる。

政府・与党の法案を円滑に成立させるためには、これまで以上に、参院多数派の民主党をはじめとする野党との話し合いが重要となる。


今回の人事では「院内幹事長」といわれる国対委員長にはこのポストの経験もあるベテランの大島理森元農水相が起用された。

このため、野党との協議は麻生幹事長を中心に石原政調会長や大島国対委員長らが対応することになる。


安倍政権が課題を処理していくには、特に野党第一党の民主党としっかりと話し合う態勢を作っていくことも大事だ。

安倍首相が今後、9月の臨時国会での所信表明演説などを通じ、野党にどのようなメッセージを出していくのかも注目される。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/80241/

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。