病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総務会長に二階氏

総務会長に二階氏 増田前岩手知事、入閣へ

いよいよ内閣改造ですね。

今朝のTVニュースでは、舛添要一の名前も挙がっていましたね。

二階さんが総務会長ですか。二階さんは、例のグリーンピア売却の時に、なんか変な動きをした人ですが・・・身体検査は合格したんですよね。

安倍さんの政策は?ですが、改造でどんな人が入閣するのかは、面白いですね。


産経新聞です。

■きょう内閣改造・党人事 麻生氏は幹事長に

安倍晋三首相は27日、政権発足後初の内閣改造・自民党役員人事を断行する。

皇居での認証式を経て同日夜に改造内閣が発足する。

これまでに麻生太郎外相の党幹事長起用が決まり、二階俊博国対委員長が総務会長に、大島理森元農水相が国対委員長に就任する方向。

矢野哲朗参院国対委員長の入閣と、公明党の冬柴鉄三国土交通相、大田弘子経済財政担当相、中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)の留任も固まった。

地方格差問題への批判を受け、増田寛也前岩手県知事も入閣の方向で調整している。


参院からの政務の官房副長官には岩城光英参院議員を、党参院国対委員長には鈴木政二官房副長官を起用する。


首相は、小泉純一郎前首相の手法を踏襲し、各派閥の推薦は受けずに人選。

参院選での自民党大敗を受け、内閣・党役員ともに大幅に刷新される見通しで、新体制は内閣・党ともに派閥領袖クラスを要所に配した重厚な布陣となりそうだ。


首相は26日午後、電話で麻生氏に幹事長への就任を正式に要請し、麻生氏も受諾した。


麻生氏は昨年秋の総裁選で対抗馬だったが、外相として「主張する外交」を支え、他の政策や党内情勢についても首相の相談役を務めてきた。

首相は今後の国会、次期衆院選の対応などを考えると、官邸と党との緊密な連携が不可欠であり、信任の厚い麻生氏が幹事長に適役だと判断。

政治手法が手堅く、ベテラン議員からの信頼が厚い二階氏を総務会長に起用する。

「安倍-麻生」ラインを軸に政権の求心力アップを図り、疲弊した党組織の立て直しを進める。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000901-san-pol
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

参院選惨敗の責任を負い、安倍は辞任すべきだと多くの国民が思っている。
続投を表明した安倍の決断に、うんざりしている。
新内閣の閣僚人事がどうなろうと、国民の支持を受けることはないでしょうね。

R | URL | 2007年08月27日(Mon)12:51 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。