病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社保庁職員が「納付拒否者」仕立てる 横領隠蔽で

社保庁職員が「納付拒否者」仕立てる 横領隠蔽で

いよいよ、社会保険庁がやってきたカラクリや悪行がさらけ出されてきましたね。

でも、こんなのは、まだ氷山の一角ではないでしょうか?

オンラインの業者というのは、NTTデータですね。あそこは、社会保険庁のタタキのトップがずーっと天下っていましたからね。


産経新聞です。

総務省の「年金記録問題検証委員会」(松尾邦弘座長)は23日、作業グループによる調査の結果、社会保険庁職員が年金保険料の横領を隠すため、保険料を納めた人を「納付拒否者」に仕立て上げるといった悪質なケースがあったことを明らかにした。

また、年金記録紛失問題は社保庁が再発防止へ職員間の情報共有を怠り、オンラインシステムのトラブルが何度も起きながら教訓を十分に生かさなかったことが一因だ、と結論づけた。


作業グループは、社保庁が把握している保険料の着服事案二十数件のうち12件を詳細に調査。

着服額は約10万円から約2000万円にわたっていたことが分かった。


この中には、横領が長期間発覚しないよう保険料を納めた人を納付拒否者に仕立て上げたケースや、納付者にすでに使用されていない古い領収書を渡し保険料を横領した後、督促状が届かないようにオンライン記録を改竄(かいざん)した事例があった。

社保庁は再発防止策を講じたものの徹底されず、同じような横領事案が発生した。
 

また、オンラインシステムを管理する業者にヒアリングした結果、昭和61年のシステム導入以降、毎年エラーが一定の割合で発生していたにもかかわらず、内容や件数を社保庁、業者ともに記録に残しておらず、システムの改良に十分生かされていなかったことも判明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000911-san-soci
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

社保庁「納付拒否者」仕立てる

社保庁「納付拒否者」仕立てるなど、年金問題のニュースをいち早くチェック!
[続きを読む]

トピックスバーストβ2.0 | 2007年08月24日(Fri) 18:24


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。