病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<参院選>自民・総括委が敗因分析 安倍色「民意とズレる」

<参院選>自民・総括委が敗因分析 安倍色「民意とズレる」

敗因分析としては、そのとおりですね。

でも、この分析を踏まえて、どう実行するかですが、安倍内閣がそれを実行できるかですね。

あいかわらず、私の内閣、私の政策が・・・ではどうでしょうか?

毎日新聞です。

参院選の敗因分析を行ってきた自民党の総括委員会(委員長・谷津義男選対総局長)がまとめた最終報告書の全容が23日、明らかになった。

安倍晋三首相が掲げた政策について「優先順位が民意とズレていなかったか」と苦言を呈し、今後は「国民の目線に沿った政権運営」を求める厳しい内容となった。

首相官邸と自民党が重視した広報戦略に関しても「広報活動によって民意をつかんだとは言い難い」と総括した。

24日の党総務会などに報告する。


報告書は、政策面で「『美しい国』や『戦後レジームからの脱却』という訴えや、改革路線を選挙の争点に設定」できず、
野党の「生活が第一」に主導権を奪われたと結論付けた。


また、組閣に際しての論功行賞人事や郵政造反議員の復党、政治とカネの問題については「安倍首相が一般国民の側ではなく、永田町の政治家の側に立っているようなイメージをもたれた」と強調。

その上で「国民から指導力、統治能力に疑問を呈されたのではないか」と指摘した。


敗因に関しては「年金記録漏れ問題」「政治とカネ」「閣僚の失言や不祥事」の逆風3点セットのほか、都市部との格差による「地方の反乱」、平成の大合併に伴う地方議員や首長の減少など6点を挙げた。

【坂口裕彦、渡辺創】 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000017-mai-pol
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

間抜けな反省です。

ありがとう。これで勝てます!
http://blogs.yahoo.co.jp/miyasitama2000/48986906.html

本当のことに目をつぶるような感じがします。
少しも民意を捉えられないのです。

仲村あきら | URL | 2007年08月26日(Sun)17:08 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。