病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院事務長のぶつぶつ日記6「医療保険は必要?」

こんちは亀井です。
昨晩のことなんですが、80歳になるおふくろから電話がありました。
電話の内容は、ガン保険に入りたいっていうことなんです。
実は、昨年おふくろが入っていた養老保険が満期になって、一時金を貰ったんですが、医療保険がないんで、テレビで宣伝している外資系の掛け捨て保険に入ったんですが、昨日になって、アフ○ックからダイレクトメールが来て、ガン保険に入らなくて大丈夫か不安になったようです。
もう80ですから、ガンになっても進行が遅いだろうし、手術だってするだけの体力があるかどうかも分かりませんので、入らなくても大丈夫だって言ったんですが、そもそもガンになると月に何十万も掛かるっていうのは本当じゃありませんよ。
最近新聞なんかでも報道されてますが、何十万も掛かるっていうのは、健康保険の効かない高度先端医療とか個室に入った場合であって、健康保険に入っている普通の人の場合は、70歳以上なら月に4万4400円まで、70歳未満なら大体9万円程度が上限になっていて、それを超えた場合は高額療養費として後から支給されたり、現物支給で医療機関に支払われるんです。
まあ、お金に余裕があったり、やばそうだなっていう人以外は、医療保険は一つで十分ですよ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。