病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損害保険料、医療保険、自動車自動車でも取り過ぎ100万件超か?

損害保険料、医療保険、自動車自動車でも取り過ぎ100万件超か? 

生命保険料の不払いや損害保険料の取り過ぎ以外にも、医療保険、自動車保険、地震保険にまで保険料の取り過ぎが明らかになりましたね。

我が家も火災保険以外に地震保険に加入していますが、取られ過ぎているかも知れません。

2×4(ツーバイフォー)住宅ですから、地震保険が割安になるんですね。

毎日新聞です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000040-mai-soci

損害保険大手6社が、自動車保険や医療保険を含む個人向け保険商品のすべてを対象に、保険料の取り過ぎの調査を始めたことが4日、明らかになりました。

火災保険については、調査によりすでに保険料の取り過ぎが判明していますが、新たに地震保険でも見つかったことから、調査対象を自動車保険や医療保険を含む全商品に拡大しました。

中小の損保も同調し、業界全体で来夏までに、自動車保険や医療保険を含む個人向け保険商品のすべてを対象として、調査を終える予定です。

調査対象は業界で1億件以上にのぼり、「最終的な取り過ぎは100万件を超える恐れがある」(大手損保筋)ということです。

生命保険や損害保険金の不払いに続く大規模な問題に発展しそうです。

損保大手6社は今年1月、火災保険を対象に保険料取り過ぎの調査を開始。全契約(約2000万件)の3~4割分が終わった3月末に、中間報告をまとめ、約11万件、約55億円の取り過ぎが判明しました。

損保各社は来年3月までに調査を終える方針でした。

しかし、火災保険の調査で、耐火性が高く割引対象となる2×4(ツーバイフォー)住宅について保険料取り過ぎの事例を調べていたところ、火災保険とセット販売の地震保険でも取り過ぎが多数見つかったそうです。

このため各社は、調査対象を拡大し、6月から自動車保険、8月から医療保険など第3分野保険でも調査に着手しました。

業界関係者によると、特に自動車保険は、「通勤用」や「レジャー用」など乗車目的別に細かく割引制度が設定されており、「ゴールド免許割引」など個人が申請して初めて割り引かれるものも多いため、保険料取り過ぎが発生している恐れがあるということです。

自動車保険の契約数は火災保険の4倍近い8000万件前後とみられ、件数、金額が膨れ上がる可能性が高くなっています。

契約数が膨大なため、損保各社はパート職員を増やすなど人員を確保して調査を進める予定です。



損保保険会社 顧客重視へ一歩 自動車保険や医療保険を含む個人向け保険商品の取り過ぎ調査開始 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000090-mai-bus_all

毎日新聞です。

損害保険各社が、自動車保険や医療保険を含む個人向け保険商品のすべてで、保険料の取り過ぎの調査を始めたことは、保険金不払いで指摘された顧客軽視の姿勢を業界が改め、顧客重視へと踏み出す重要なステップと言えます。

ただ、調査対象となる自動車保険や医療保険を含む保険商品契約の総計は、1億件超とみられ、損保各社は営業より調査に人員を割かざるを得ず、今期の業績に影響が及ぶ恐れもあります。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。