病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<NY株価>急落 終値で1カ月ぶり1万3500ドル割る

<NY株価>急落 終値で1カ月ぶり1万3500ドル割る

毎日新聞によると、26日のニューヨーク株式市場は、米住宅ローンの焦げ付き問題などを懸念し、ダウ工業株30種平均の終値は前日比311.50ドル安の1万3473.57ドルに急落しました。

下げ幅は、2月27日(416ドル安)以来で今年2番目の大きさです。

一時は449.77ドル安の1万3335.30ドルまで下落しました。

終値で1万3500ドルを割ったのは、6月末以来、約1カ月ぶりです。
 
ダウは19日に終値で初の1万4000ドル台に乗せましたが、その後は下落に転じ、26日までの5営業日の下げ幅は計526ドルにも達しています。

300ドル超の下げ幅が年に2回もあったのは、米企業の不正会計事件などで揺れた02年以来です。

世界的なカネ余りを背景に高騰してきた米株式市場の不安定さが浮き彫りになった感じです。

米国では住宅市場の冷え込みを背景に、低所得者向けの高利回り住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付き拡大への警戒感が広がっています。

投資家がリスクを回避する姿勢を強めています。

そこに米住宅建設大手の決算が不調だったことや6月の米新築住宅販売件数が市場予想を下回るといった悪材料が重なり、住宅市場の先行きに不安が一段と広がった模様です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070727-00000027-mai-bus_all


でも、ドルはまた戻していますね。11時の時点で1ドル119円台です。

最安値から、1円戻しています。

他の、ユーロやニュージーランドドルは、あまり変化はありませんね。

FXやってる人は、今日がチャンスではないでしょうか?
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。