病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院事務長のぶつぶつ日記3

 こんばんわ!インフルエンザもおとなしくなったんで、ブツブツを続けます。
 さっきの日記で、神経内科の○×先生のことが話にでましたが、○×先生は決して藪医者じゃないんですよ。
 そもそも日本では医療が専門分化され過ぎっちゃってるんですよ(大きく出てすいません。)。
 例えば、内科って皆さん言いますが、内科は大雑把に区分しても、心療内科・神経内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科・肝胆内科・内分泌内科・リューマチ科と何種類にも分かれていてそれぞれが専門化されてるんですよ。
 だから、その先生の専門分野はものすごく詳しいんですが、違う分野になるとカラッキシということが多いんですよ。
 ある意味では専門馬○とでも言うんでしょうか?
 まあ、インフルエンザになったら、内科よりも耳鼻咽喉科の先生に診てもらうほうが無難でしょうね。
 ちなみに、ウチの病院は耳鼻咽喉科がないんで・・・
 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。