病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村HDが損失726億円、米住宅ローン絡みで

野村HDが損失726億円、米住宅ローン絡みで

読売新聞によると、証券最大手の野村ホールディングスは25日、米国での住宅ローン債権を担保にした証券事業で、1月から6月までの半年間に726億円の損失を出したと発表しました。

大半が低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」に絡む損失で、野村は住宅ローン関連事業からの撤退など、米国での大幅な事業見直しを検討しています。

日本の金融機関が同ローンの焦げ付きでの損失額を公表したのは初めてです。

野村は、米国で住宅ローン会社からローン債権を買い取り、投資商品に組み替えて機関投資家に販売しています。

05年8月からサブプライムローン関連商品を手がけていました。

昨年からサブプライムローンに焦げ付きが大量発生し、価値が下落したため、大幅な評価損と売却損を計上しました。

1~3月期に414億円、4~6月期に312億円の損失を計上しています。

ただ、4~6月期決算では、投資信託事業の好調などで税引き後利益は前年同期の3・8倍の767億円とし大幅な増益でした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000113-yom-bus_all
 

サブプライムローンで世界的な影響が出てきはじめました。

なんといっても、米国の経済を牽引してきたのが、住宅ですからね。

日本の金利が安いですから、世界中の銀行が円キャリーを利用しているって説もあるようです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。