病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコチンが運動障害抑制

ニコチンが運動障害抑制=パーキンソン病対策に活用も-米研究

ニコチンが役にたつとは、今日はこのニュースから。
ニコチンがパーキンソン病による、手足のけいれんなどの運動障害を抑制する効果が発見されたそうです。
ニコチンなんか百害あって一利なしといわれていましたが、喫煙家にとっては、なんとなくうれしいニュースですね。
パーキンソン病の人に対して、ニコチンパッチ治療なんかが開発されるといいですね。

時事通信です。

【シリコンバレー24日時事】たばこ依存症をもたらす猛毒ニコチンに、パーキンソン病に伴う手足のけいれんなどの運動障害を抑える効果があることが分かった。
当地にあるパーキンソン研究所が医学誌最新号に研究成果を発表した。
研究では、投薬によりパーキンソン病に似た症状を持たせたマウスにニコチン混入飲料を飲ませ、効果を調べた。
その結果、運動障害の発生が、ニコチンを与えなかった場合に比べ最大50%抑制されたという。
ニコチンは毒性が強くそのまま患者に投与できないが、研究者は「ニコチンあるいはニコチン的機能を持つ物質が、パーキンソン病の運動障害への有効な治療薬になり得る」と期待している。
以前から、喫煙者がパーキンソン病になる比率は非喫煙者の半分程度にとどまることが知られてきた。
同研究所はニコチンに焦点を合わせ、その理由の解明に取り組んできた。
パーキンソン病患者は米国だけで150万人に上る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000085-jij-in
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。