病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田洋行 不正経理、新たに1億

山田洋行 不正経理、新たに1億 本社では役員報酬裏金化

軍需産業を巡る贈収賄というのは、映画なんかでは良くサスペンスものの題材になっていますが、現実世界でも同じなんですね。
発展途上で独裁政治の国なんかは特に露骨らしいですからね。
ところで、この防衛省の贈収賄は、会社を挙げての工作ですね。
飲食費関係で2億円というのは、凄いのかたいした事ないのか分かりませんが、これで政界にも波及したらかつてのロッキード事件みたいになりますね。
まあ、ならないかな?防衛省官僚の堕落だけで終わるかも・・・もっとも、そんなんで整備された物資を使って防衛に携わる第一線の自衛隊員が可愛そうですね。
結局末端というか、第一線が鉢かぶるんですね。

産経新聞です。

防衛専門商社「山田洋行」をめぐる不正支出疑惑で、同社元専務と元常務が、同社本社から米国法人「ヤマダインターナショナルコーポレーション」へ送金された役員報酬費約1億円を不正に流用していたことが24日、関係者の話でわかった。
また、山田洋行本社でも、元専務が役員報酬の一部をプールさせて約1000万円を裏金化していた疑いがあることが、新たに判明した。
既にグループ関係会社の株売却で別の約1億円を不正にプールしていた疑惑が明らかになっており、不正経理で捻出された資金は計2億円を超える疑いが強まった。
元専務らは、守屋武昌・前防衛事務次官ら防衛省幹部や家族に対するゴルフや飲食接待を繰り返しており、裏金の一部は接待費として使われていたとみられる。
関係者によると、元専務らは同社本社からインターナショナル社に、役員ボーナスの費用として送金されていた計約1億円を役員に支払わず、元常務の隠し口座に入金。
役員ボーナス費用は年間1000万円程度で、約10年間分を流用していたとみられる。
元専務と元常務らは昨年9月、独立して新しい防衛商社「日本ミライズ」を設立したが、ほぼ同じころ、山田洋行側の調査で不正流用が発覚した。
口座を管理していた元常務側は返還の意向を示したが、現在までに返還されていないという。
山田洋行本社でも、元専務らの複数役員の報酬について、実際と名目上の支給額が異なり、差額分が銀行口座にプールされて裏金化していたことが判明。
この口座は歴代の財務担当幹部が引き継いでいたが、実際には、元専務が部下に指示して会計操作させていた疑いが強いという。
この裏金は平成14年時点ですでに約1000万円に上っていたが、昨年、ミライズ社に移籍した山田洋行元幹部が通帳ごと持ち出したままになっているという。
不正支出疑惑をめぐっては、東京地検特捜部が特別背任などの疑いがあるとみて、ミライズ社幹部らを任意聴取するなど捜査を進めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000080-san-soci

 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。