病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドライフ “人口”1000万人突破

セカンドライフ “人口”1000万人突破 ネット環境の向上/企業続々参入

セカンドライフがいよいよ動き始めました。

セカンドライフは、2003年に米国のリンデンラボ社が開始したサービスですが、インターネット上の仮想空間で自分の分身を動かすことができます。

一番の特徴は、この仮想空間内で使われる通貨が、現実の通貨に交換できることです。

仮想空間内で商品を購入するのに使われるリンデンドルが、米ドルに両替できます。

ということは、このセカンドライフの中で商店を持ったり土地を持ったりできれば、売買できるということです。

通貨の取引は2008年までに1兆2500億円に達するとの試算があるそうです。

国内の企業も相次いで進出しています。

その目的は、マーケティングリサーチですね。


フジサンケイビジネスアイです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071014-00000004-fsi-bus_all
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。