病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総額で2兆3500億円 社保庁

<5000万件保険料>総額で2兆3500億円 社保庁

2兆3500億円の試算ということは、実際には、この何倍になるんですかね。

3倍?5倍?10倍?

あの社会保険庁が、わざわざ「正確でない」と断っているんですから、5倍から10倍くらいなんでしょうね。


毎日新聞です。

宙に浮いた5000万件の年金記録の保険料について、社会保険庁は9日、サンプル調査での試算では、総額で約2兆3500億円に上ることを明らかにした。

同日開かれた民主党の厚生労働・総務合同部会で、社保庁が単純計算として出したもので、「正確なものでない」としている。
 
試算は、5000万件のうち、氏名のない記録524万件のうち、東京社会保険事務局がこれまでに調査した150件から試算した。

それによると、150件の総納付月数は5527カ月で保険料総額708万1966円。

1件当たり4万7213円となり、5000万件では約2兆3500億円になる計算だ。

5000万件について、政府は来年3月までに照合作業を完了させるとしている。

保険料の総額はその際に確定される見込みで、国庫から加入者や受給者のために補てんされることになる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000025-mai-soci
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。