病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェネリック医薬品 普及推進

ジェネリック医薬品 普及推進へ報酬上乗せ

ジュネリック医薬品への認識が医師や病院の間でもずいぶん変わってきました。

医薬分業が進んできたからです。

18年度の診療報酬改定で、処方箋の様式としてジェネリック医薬品での代替が可能かどうかを搭載しなければならなくなったので、院外処方の場合は医師が書きやすくなったんですね。

一方で、調剤薬局の方は、単価と利益額の多い先発医薬品の方が、商売上いいですから、ジェネリック医薬品を売りたがらないんですね。

診療報酬でみてくれることになれば、ジェネリックを置く調剤薬局も増えるでしょうね。

今は、大抵の薬品がジェネリックで対応可能なんですよ。

ネットで探すといいですね。


産経新聞です

■来年度、薬局の在庫確保を支援

厚生労働省は8日、先発医薬品と同じ成分・効果を持ちながら価格が安い後発医薬品(ジェネリック医薬品)を普及させるため、後発薬を一定数量以上、品ぞろえした薬局には調剤報酬を上乗せする検討に入った。

具体的には現在、原則として1回420円の調剤基本料に加算する考えだ。

患者が後発薬を選ぼうとしても、薬局に在庫がなく、あきらめざるを得ないケースが少なくないことから、十分な種類と量の在庫を確保してもらい、患者のニーズに応えられる態勢を整える。

平成20年度の診療報酬改定で実現を目指す。

厚労省によると、大半の患者の需要に応えるためには、各薬局が300品目以上の後発薬をそろえる必要があるという。

今後、調剤基本料を上乗せする対象となる品目数や保管量について、基準作りを進める。

厚労省が18年10月に実施した薬局調査では、医師が後発薬の使用を認めたのは全体の17・1%で、このうち実際に処方されたのは5・7%に過ぎなかった。

後発薬の普及が進まない理由について、厚労省は後発薬に対する医師の根強い不信感だけでなく、薬局側にも薬の価格が安い後発薬を敬遠し、患者への説明の手間や在庫コストがかかることを嫌う傾向があると分析している。

なかでも、在庫に関しては、患者が後発薬を希望しても、品切れだったり、後発薬そのものを置いていなかったりする薬局もあり、先発薬を選ばざるを得ないケースが少なくない。

患者のニーズにいつでも応じるためには、調剤報酬増額で在庫管理の薬局の負担を軽減し、十分な後発薬を準備できるようにする必要があると判断した。

社会保障費の伸びの抑制を求められている厚労省は、後発薬の使用が拡大すれば医療費削減につながるとみて、シェア(数量ベース)を現在の2倍の30%に拡大する計画だ。

薬局の在庫コストの軽減以外にも、後発薬の使用を前提とした処方箋書式への変更の検討など、普及に向けた取り組みを進めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000901-san-pol&kz=pol
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

事務長、もっと勉強を!

一内科医として非常に不安を覚えます。
ジェネリック薬品は成分が同じお薬ですが、効果は同じとは限らないお薬なのは、有名なことです。なぜこのような報道がなされるのか、やはり情報操作が入っているのか、と危惧いたします。
どうして危険なものがあるとして中国製の安全かもしれない製品を避ける一方、安全で効果もそこまでぶれがないジェネリック薬品を危険なものがあるにもかかわらず、求める方が少なくないのでしょう。政府が応援するのも情報をおもちでしょうに、驚きです。
たとえば少なくない内服薬が、中の成分が溶けて吸収されるものの、外側の成分が溶けずに水分を吸収して膨張し、便として出てきます。従来の先発品になかったようなこのようなこと。効果が同じでもいやがる国民は非常に多いと思います。医師がそうしたことが起こりうることを知っていて、患者さんに説明しても、その作用が患者さんの予想を超えるものであったら、いやそうじゃなくてもそうした薬を処方されたら、それだけで病院としての信頼・評判が落ちることも決して少なくないのではないでしょうか。
実際に効かない薬も本当に多くあります。肝炎・肝障害に対して用いられる注射をジェネリック薬品に代えたところ肝障害が元に戻り、先発品に戻した途端肝障害が抑えられたこともあります。
先発品は成分(効果・体内動態)はもちろん吸収のされ方などについてもきちんと臨床検査をしてから販売していますが、後発品はそうでないので、いわゆる粗悪品も多く、悪影響を及ぼす薬さえも少なくありません。こうした部分に関する「安心」を得るためにも、しっかりとした対応を図ってほしいものです(効果がマイルドながらもそう悪くないジェネリック薬品もあります)。
たいていの医師は患者さんのことを思っています。患者さんを治療するときは親を治療する気持ちで、と習い、今でも実践しています。患者さんにまして実の親に、他のより安全と判っている薬が目の前にある時に、危ないかもしれず効果も劣るかもしれない薬を用いるはずがありません。
病院事務長として、目先の利益にとらわれて、その結果、病院の評判が落ちたり、訴えられるようなことは避けていった方がいいと思います。

どのような薬を出しても、報酬に影響がない勤務医が処方しないのです。また医薬分業になり、薬剤師さんの収入なんて、正直言って医師はみな気にしないですよ。

一内科医。 | URL | 2007年10月09日(Tue)13:41 [EDIT]


薬剤の利益?

利益額の多い先発医薬品の方が・・・という言葉には疑問を感じます。
今や薬価差益(薬品代として健康保険から支払われる金額と仕入金額の差益)は先発品にもジェネリック品にもほとんどありません。数年前まではむしろジェネリック品の方が利益があったほどです。
薬局の薬剤師は利益で薬品を選択しようなどとは思っていません。(少なくとも私の周辺では)CMで「安い値段で同じ効き目」という言葉が流れるたびに、眉をしかめている薬剤師です。私自身もジェネリック薬品は服用したくありません。

某 薬剤師 | URL | 2007年10月09日(Tue)20:30 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジェネリック普及へ報酬見直し

ジェネリック普及へ報酬見直しなど、医療制度改革のニュースをいち早くチェック!
[続きを読む]

トピックスバーストβ2.0 | 2007年10月09日(Tue) 12:09


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。