病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日と産経のバトル

沖縄教科書抗議集会 参加者は「4万人強」「11万人」独り歩き

この参加者数を巡って、朝日新聞と産経新聞がバトルをしていますね。

元々は、朝日と産経の報道姿勢の違いによるものですが、安倍政権の評価を巡っての対立もあったようです。

いずれにしても、バトルする暇があったら、性格迅速な報道をしてもらいたいですし、新聞紙面を使ってのバトルは止めてもらいたいですね。

産経新聞

主催者発表にモノ言えず

先月29日に沖縄県宜野湾市で開かれた「教科書検定意見撤回を求める県民大会」の参加者数が主催者発表の11万人を大きく下回っていたことが明らかになった。

県警幹部は産経新聞の取材に「実際は4万人強だった」(幹部)と語ったほか、別の関係者も4万2000~4万3000人と証言している。

集会は、県議会各派や市長会などが実行委員会となり、沖縄戦で日本軍が直接、住民に集団自決を強制したとする記述が削除・修正された高校教科書検定の撤回を求めたもの。

渡海紀三朗文部科学相は参加者数を主な理由に対応策を検討、国会でも誇張された11万人という数字をもとに論争が進んでいる。


≪1m2に4人?≫

集会が開かれた海浜公園の多目的広場は約2万5000平方メートル。

仮に会場に入りきれなかった人を1万人と見積もれば、1平方メートル当たり4人いた計算になるが、多くの参加者は座っていた。

会場は、東京ドームのグラウンド部分(1万3000平方メートル)の約2つ分にあたるが、同ドームのスタンドを含めた建築面積は約4万6800平方メートルあり、グラウンド部分を含めても最大5万5000人しか収容できない。

大会事務局幹事の平良長政県議(社民党)は、算出方法について、「一人一人をカウンターで計算しているわけではない。同じ場所で開かれた12年前の米兵による少女暴行事件の集会参加者数8万5000人(主催者発表)を基本にした。当時に比べ、会場周辺への人の広がりは相当なものだった」と語り、

主に日米地位協定の見直しを求めた平成7年の県民大会の写真と比べながら、算出したと明かした。

また、参加者を大量動員した連合沖縄は「自治労沖縄県本部や連合沖縄から応援を出し、10人ぐらいで会場周囲を歩いて、入り具合をチェックした」(幹部)としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000047-san-soci
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

バトルも必要でしょう

やはり数は力なのですから、こんなにひどい鯖読みをするのはいかんでしょう。そういう点をだたすのもメディアの役割かと。そういう意味では、新聞間のバトルもまた必要かと。

今回のこの件に関しては、明らかに産経に理有りのようですね。

それにしても、、こんなに大袈裟な誇張をした発表なんかしてたら、信頼を失ってしまうではないか、、、 何を考えているんだろうか、この人たちは、、

権兵衛 | URL | 2007年10月07日(Sun)18:22 [EDIT]


産経がいいたいことって何かしら。報道されなかった事実は?

産経新聞の言葉づかいを分析してみましょう。たとえば「数のひとり歩き」「主催者にモノ言えぬ」という表現。ちなみに県警以外の別の関係者とはどの関係者でしょうか。たとえそれが判明したとしても産経は何をいいたいのでしょうか。
報道には常に取り上げられてない事実がかならずあり、どのメディアにも大衆操作のメカニズムは働いています。フィルターによって隠蔽されている事実をどれだけの受け手が読み取っているか、また読み取れるほどに社会が成熟しているかというと疑問です。数が違っているから事実も違うという結論に至る世論の報道受容の問題とこういったメディアの在りかたを取り上げないわたしたちの社会に目を向けるべきです。産経の報道では沖縄の実態(米軍基地問題とそこにリンクする深刻な失業率)と日頃の政府による沖縄への経済的搾取が隠蔽されています。つまり問題の核心が数の違いということですり替えられています。わたしはながくヨーロッパ(ウィーン)に住んでいましたが、日本と向こうとの歴然とした違いはメディアの質です。民主主義国の当地ではメディアはあくまで反体制であり、政府に対して異論を唱え、また国民に積極的な討論の場を提供するのが主な使命です。他方日本はというと、毎日、終日旨いものランキングやバラエティー番組が主要です。同じ民主主義国家でありながらこうした歴然とした違いにわたしは日本の国民がメディアによって政治的にいかに麻痺させられているかということに気づきました。ヨーロッパにいて驚いたことはほかにも靖国問題がドイツ語圏で大々的に報じられていたこと。民主主義を掲げる日本が戦後一貫して自民党体制であること、そして日本国民の体制無批判、政治および歴史認識の欠如は当地でむしろ北朝鮮的な印象を与え、また危惧の目をもって報道されていました。というのも、成長を続ける中国に対し、日本は相変わらずアジアで大手を振って歩いている印象は他の国の目から見てあきらかに時代錯誤であり、将来の日本にマイナスをもたらすからです。日本が過去の侵略に対して真摯に取り組まない限り、拉致問題も進展をみないのは外国の政治学者も指摘していますが、そういった体制批判など国内メディアではほとんど聞かれません。今回の沖縄県民集会は日本のなかでの体制批判という点であきらかに意味を持った出来事でした。数のごまかしを問題にするのは受け手の未熟を意味します。問題はメディアの戦略にはまる国民の意識であり、わたしたちひとりひとりは問題の核心に目を向けるべきではないかと思います。

竹内晶 | URL | 2007年10月07日(Sun)20:59 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。