病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長妻議員質問96連発

長妻議員質問96連発で福田首相答弁詰まらせた…国会代表質問

今朝のニュースでもやっていましたが、参議院でこれやったら凄いでしょうね。

衆議院だから、ニュースとしては面白いけれど、あんまり実効がありませんものね。

厚労省の役人も答弁書の作成に苦労したでしょうね。

以下、スポーツ報知(抜粋)です。

国会は3日、福田康夫首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が行われた。

民主党の鳩山由紀夫幹事長らに続いて壇上に登った同党の長妻昭「次の内閣」年金担当相は、93の質問を立て続けにぶつけ、
再質問でも3つの質問。代表質問では異例となる計96もの質問を行った。

あまりの量に圧倒されたのか、福田首相は言葉に詰まりながら返答。

与党席からも福田首相に対し「頑張れ」などの声が上がるなど、与野党の論戦第1ラウンドは長妻氏の“連発質問”に軍配が上がった形となった。


ひとつの質問を短くかつ具体的に、まるで小泉純一郎元首相ばりの“ワンフレーズ”で約35分間、立て続けに問い掛けた長妻氏。

何と93もの質問で福田首相に迫った。

さらに、「説明が不十分で期限がないものが目立った」として再質問。

年金問題など3つの質問をぶつけた。


本会議後、長妻氏は「(福田首相の)所信表明演説を読んだが、抽象論ばかりでまったく約束がなかった。こちらも抽象論で質問すると、はぐらかされると確信した。そのため、具体的な数字、期限、対策をひとつひとつ尋ねるために綿密に準備してきた」と説明した。

長妻氏“連発質問”に対し、福田首相は「幅の広い多くの質問をいただきました。大変ありがたいことですが、関連の質問をまとめながら答弁します」と、独特の皮肉を交えて応酬。

しかし、答弁のいい間違えや言葉に詰まる福田首相の姿に、野党からは「おい、大丈夫か」の声が。

最後は与党席からも「頑張れ」の声援を受けてしまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071004-00000088-sph-soci
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。