病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円天システム破たん

L&G 警視庁が強制捜査へ 円天システム破たん

円天に捜査のメスが入りましたね。

もっとも、騙されたと主張するほうも主張するほうですね。

今時、年利9%の利息なんか、FX並みですよ。

これでリスクなしなら、日本中が気が狂うでしょうね。

一昔前にオレンジ共済事件っていうのがありましたけれど、アレと同じですね。

するほうもするほうですが、騙されるほうも騙されるほうですね。


毎日新聞です。

「円天」と呼ぶ独自の電子マネーを導入して約5万人から1000億円前後を集めたとされる健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」(東京都新宿区、波和二(かずつぎ)会長)グループが、違法に出資金を集めた疑いが強まったとして、警視庁生活経済課などは今週半ばにも、出資法違反容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めた。

円天システムは事実上破綻(はたん)したとみられ、同課は巨額の資金を集めたグループの実態解明を図る。

グループは「3カ月ごとに9%の利息を支払い、満期(1年)になれば元金を返還する」と約束し、「協力金」名目で不特定多数から出資を募るなどした疑いが持たれている。

今年2月に協力金への利息を現金ではなく円天で支払うと通知したため、会員との間でトラブルが多発。

東京都も1日、都消費生活条例(不当勧誘行為)に抵触する疑いがあるとして立ち入り調査を行った。

内部資料によると、グループは数年前に円天を導入、「保証金」名目で1回現金を支払うと、年に一度、携帯電話に同額面の円天が振り込まれるとうたっていた。

10万円を1回預けると10万円天が毎年手に入る仕組みで、会員は円天を使って布団や日用品などをインターネット上のサイトで購入できるとされた。


さらに、東京・銀座には販売オフィス「円天市場」を開設。

全国のホテルなどを巡回するバザー形式の円天市場でも、円天を利用させていた。


バザーに出品する加盟店は会員から受領した円天と引き換えに、L&Gから「貸し付け」名目で現金を受けていた。

しかし、円天額面の25%しか現金を受け取れないため、多くの加盟店は円天での物品販売価格を現金時と比べて4倍以上高く設定していたという。


グループは今年7月ごろ銀座の円天市場を一時閉鎖、巡回形式の円天市場も開かれなくなった。

9月に本社や銀座で円天市場を再開したが、会員が所持する円天は使用できなくなった。

資金回収が不可能になったと判断した一部会員らは、波会長らを刑事告訴する動きをみせている。

グループは「不特定多数から出資を募っているわけではない」と違法性を否定している。

会員の相談に応じる弁護士は「円天は無限に使える『夢のお金』のような話だが、違法な資金集めを隠す意味もあるのではないか」と指摘している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000019-maip-soci
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。