病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田自民 四役に領袖ずらり

福田自民 四役に領袖ずらり 麻生氏入閣固辞へ

古賀さんは強気ですね。自分から選挙対策をやらせるというあたりは、実質的に幹事長の職権の一部をもぎ取ったわけですからね。

幹事長ポストの力の一番の源は選挙ですからね。

選挙の総責任者ということになれば、候補者の選定、資金等を一手に握れますからね。

麻生さんはしばらく休養ですかね。動かない方が傷つかないし、影響力を残せると踏んだんですね。


産経新聞(抜粋)です。

自民党の福田康夫総裁は25日、臨時国会での首相指名を受け、新内閣を発足させる。

舛添要一厚生労働相や公明党の冬柴鉄三国土交通相らの再任が固まった。

国会開会中のため多くの閣僚は再任の見通しだ。

焦点の官房長官は、福田氏の出身派閥である町村派から、与謝野馨官房長官を交代し同派から起用すべきだとの声が強まっている。

総裁選で善戦した麻生太郎前幹事長について福田氏は、重要閣僚で処遇する方向で検討しているが、麻生氏はどのポストも受けない方針だ。


なお、自民、公明両党は幹事長、政調会長による政権協議を行い、
(1)政治団体政治活動費や経常経費はすべて領収書添付を義務付け、公開方法は協議を継続
(2)70~74歳の高齢者医療費負担の凍結については「早急に結論を得て措置する」-ことで大筋合意した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070925-00000038-san-pol&kz=pol
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。