病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市区町村職員の年金横領

市区町村職員の年金横領、新たに47件…計2億2800万

今回発表された年金の横領なんかは氷山の一角です。

市区町村は平成の大合併で、昔の資料なんかみんなどっかに処分したりしてますからね。

処分していなくても、倉庫に山積みして探すことなんてしてませんよ。

探しても、横領を2~3件見つけたら、「もうこれでいいや」って思ってそれ以上調査なんかしませんよ。

読売新聞です。

社会保険庁と市区町村の職員が年金保険料などを横領していた問題で、市区町村職員の横領が新たに47件見つかったことが19日、同庁が行った追加調査の中間報告でわかった。

新たに判明した被害額は約2900万円で、総額約2億2800万円が横領されていたことになり、前回調査の甘さが浮き彫りになった。

同庁は調査結果を精査し、個々の処分内容や公表状況など詳細な報告書を今週中にも公表する。

市区町村職員の横領については、今月3日に行われた前回調査結果の発表後、舛添厚生労働相が増田総務相に協力を要請し、処分内容や告発状況などさらに詳細な追加調査をしていた。

今回、新たに判明した47件は40市区町村で確認された。

前回調査では、44市区町村で49件と発表されたが、当初、横領とされた1件が事務処理上のミスとして訂正されたため、83市区町村で95件の横領を確認したことになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000014-yom-soci
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。