病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数・数学どう変わる?

算数・数学どう変わる? 小学校で「台形面積」が復活

批判の強かった、ゆとり教育がやっと見直しされますね。

小学校の算数の教科書に台形の面積の求め方が復活しました。

私たちの時代は、台形といえば、(底辺+上辺)×高さ÷2 って覚えさせられましたが、これ無くされていたんですね。

ゆとりって、学校の先生のゆとりなんでしょう?

子供への基礎教育はきちんとしてもらわなくてはいけません。

どうしても、週休2日にしないといけないんなら、夏休みとか冬休みを半減すべきだったんですよ。

日本の経済や社会がおかしくなってきたのは、このゆとり教育のせいでは?とさえ考えてしまいます。

まあ、これはこじつけですね。

でも、ゆとり教育の犠牲者である、子供たちを再教育する手立てはないんでしょうか?

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/85439/TrackBack/
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

EarMaster 5

EarMaster 5・【教育】「台形の面積」、小学校算数で復活…文科省が素案提示 [07/09/18]・小学校 英語 教育・<台形の面積>小学校算数で復活 中教審部会が素案了承・論じあう子どもたち―算数科・分数の指導・小学校の英語教育はどうなっているの幼児 教育 課題・算数・?...
[続きを読む]

小学校教育への思い | 2007年09月26日(Wed) 08:09


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。