病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田、麻生両氏が届け出

福田、麻生両氏が届け出 自民党総裁選スタート

自民党総裁選がスタートしましたが、もう終わりです。

興味は麻生さんがどこまで票を伸ばすかですね。

前回の総裁選挙並みに、三桁には乗せたいでしょうね。

三桁行かなければ、麻生さんも、もう発言権がなくなりますが、三桁行けば、まだ次の芽が出てきます。

大胆予想をしますと、92~115票といったところですね。

地方票が読みにくいですね。

地方が、麻生=安倍という認識なら、90行かないかもしれません。

それだけ、お坊ちゃん安倍の評価は地に落ちていますから。


産経新聞(抜粋)です。

安倍晋三首相の辞任表明を受け、自民党は15日午前、党本部で総裁選の立候補者受付を行い、福田康夫元官房長官、麻生太郎幹事長の2人が立候補を届け出た。

16日から東京、大阪、香川、宮城の4都府県で両氏の街頭演説会を行うなど23日の投開票日まで、総裁の座をめぐる激しい舌戦が繰り広げられる。

党選挙管理委員会が午前11時から実施した立候補受付には、福田陣営から橋本聖子参院議員ら、麻生陣営から松本純衆院議員らが代理人として20人の推薦人名簿を添えて立候補を届け出た。

総裁選は党所属の国会議員387票、各都道府県に各3票が割り当てられた地方票141票の計528票で争われる。

過半数は265票。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070915-00000904-san-pol
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。