病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外勢に日本株見送りの声

海外勢に日本株見送りの声、安倍政権弱体化も拍車

7日のロイターからです。

7日の東京市場は、薄商いの中で株がやや売られる展開が続いています。

今夜、8月のアメリカ雇用統計が発表されますが、その様子見の模様です。

また、海外投資家の間に「日本株見送り」の声が高まっていて、その原因が安倍内閣の弱体化ということです。



市場関係者は、日経平均株価が1万6千円の水準は割安感があるとの見方です。

アメリカの雇用統計は、数字が良ければアメリカ国内の、利下げ期待が後退するとの観測が出ています。

ただ、海外の投資家の中には、サブプライムローン問題で混乱した、市場での投資の優先順位が、新興国の株式の方が上で日本株は下との見方です。

これは、有望な日本株が輸出関連であり、対米依存度が高いことと併せて、安倍政権の弱体化が原因であるとのことです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070907-00000720-reu-bus_all
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。