病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お役所ヒマなのね…

お役所ヒマなのね…仕事中、ウィキや「愛の戦士レインボーマン」に書き込み


何と言ったらいいんでしょうか?

全くけしからん。一切やるな。とまでは言いませんが、行政への信頼がほとんどなくなっているという現実を官僚はもう少し認識すべきです。

せめて昼休みの時間に書き込みしていたことを祈るばかりです。

IZAです。

誰でも無料で使え執筆や加筆もできるインターネット百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」の一部の項目で、省庁の内部から加筆・修正されていたことが分かり、厚生労働省などは30日、事実関係の調査や“犯人探し”を始めた。

業務以外のネット使用は厳禁。

アダルトゲームやガンダムの記述のほか、首相官邸からはなぜか「愛の戦士レインボーマン」への加筆・修正があった。


「けさから調査をやっている。アダルトゲームの記述編集に限らず業務外のネット使用はだめなんですが…」。

厚労省の担当部署はこう語り“犯人探し”に追われた。


コトのキッカケは、このほど登場したオンラインソフト「WikiScanner」の日本語版。

オンライン百科事典のWikipediaの記述を、どの組織がどの部分を編集したか割り出すシステムで、編集した者の所属省庁がゾロゾロと明るみに出た。


首相官邸のレインボーマンについて、内閣広報室は「全容までは把握していない」と一部で問題視していることを認めた。

安倍晋三首相(52)がレインボーマン好きで自ら書き込んだ可能性は「わかりません」と困惑気味。

ただ一般論として「業務でも意外なところで接点がある」という。

首相が♪インドの山奥で修行して…と考えていたりして?

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/80733/


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。