病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新橋駅「幻のホーム」を公開

地下鉄開通80周年、新橋駅「幻のホーム」を公開

渋谷から新橋方面に銀座線を乗って生きますと、新橋駅の手前に昔のホームの跡が見えますが、あれが幻の新橋駅のホームなんでしょう。
読売新聞は、新橋駅の一階上と書いていますが、多分間違いですね。
このホームは昔の東京地下鉄のホームです。
2年前でしたか?浅田次郎さんの、メトロに乗ってっていう映画を見ましたが、あのころの時代なんですね。

読売新聞です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071201-00000305-yom-soci

68年前に8か月間だけ使われた、東京メトロ銀座線新橋駅構内にある「幻のホーム」が1日、抽選で選ばれた親子連れや鉄道ファンなど150人に特別公開された。
地下鉄開通80周年イベントの一環。「幻のホーム」は1939年1月に新橋―渋谷間に開通した時に使われた。同年9月に浅草―新橋間が開業した際に新しいホームが出来たため、それ以降、通常の運行では使われなくなった。
現在の新橋駅ホームの一階上にあり、線路は今も、夜間に電車を止めておく留置線として使われ、ホームには駅員用の会議室もある。壁にはタイルを使って右から左に書かれた「新橋」という駅名が残り、古びた鉄骨や狭いホームが、開業当時の雰囲気を残している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071201-00000305-yom-soci

スポンサーサイト

FX取引、納税監視強化へ

FX取引、納税監視強化へ…申告漏れが多発

FX取引で利益を得た個人投資家への課税が強化されるそうです。
個人投資家の申告漏れが増えているためで、すべての取引業者に対して取引状況を示す書類を税務署に提出することを義務づけるそうです。
FX取引には、証券会社や外国為替専門商社などを通じた店頭取引と、東京金融取引所(くりっく365)が設けた取引市場での取引がありますが、くりっく365の場合はFX業者が投資家の取引状況を記した「支払い調書」を税務署に提出する義務があります。
一方で、相対取引のFX専門業者(くりっく365以外)には、「支払い調書」を提出する義務はなかったんですね。勿論提出しているFX業者が多くて、出していないFX業者は怪しい所が多かったんですが・・・
でも、政府もFXの課税強化に乗り出したということは、FXはキチンとやれば儲かることの証明ですね。

読売新聞です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071201-00000102-yom-bus_all

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。