病院事務長のぶつぶつ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院事務長のぶつぶつ日記9「診察について」

おはようございます。亀井です。
前回、医者の指示があって始めて他の職種の人たちが仕事ができるっていう話をしました。
だけど、そのためには、医者は患者を診察しないと指示が出せませんよね。
診察することによって、基本診察料とか再診料とか言いますが、それが発生して患者さんや健康保険組合なんかにお金が請求できるんです。
診察するってことは、医者と患者さんが対面するってことです。
例えばこんなふうでもいいんです。
 医者:やあこんちは、具合どう?
 患者:まあまあですね。
 医者:そう。じゃあ○○しようね。・・カルテに記入・・
最低限この程度でいいんですが、こういうやり取りや対面も無しで、○○しちゃうと、大変な問題になっちゃうんです。
去年から、どこの医療機関でも、明細の分かる領収書を発行することが義務付けられましたので、病院にかかった人は領収書を確認してみて下さい。基本診察料とか再診料取られているでしょう?その時医者と会いました?
続きは、次回・・

スポンサーサイト

病院事務長のぶつぶつ日記8「医者はオールマイティ」

おはようございます。亀井です。
昨日は医者の1.0の話をしましたが、医療の世界では医師は絶対権力者つまりオールマイティーなんですよ。
医者であれば、薬剤師の仕事でも、レントゲン技師の仕事でも、看護師の仕事でも、何でもできるんです・・うまいへたは別としてですが。
医者以外の免許職種の皆さんは、法律で医師の指示とか監視の下に業務を行うことになっていますんで、医者の指示なしに自分の判断で患者さんをいじくれないんです。
薬を出すのも医者の指示、レントゲン撮影も医者の指示、点滴等も医者の指示なんですよ。
逆に言うと、医者がいないと指示が出せないんで、収入が発生しない仕組みになってるんです。
ですから、大学出たてのヒヨッコ医師でも最初は威張ってるんですが、じきにベテランの看護師長あたりから教育的指導を受けて大人しくなっていくんですね。
この続きはまた・・・


先日ご紹介したアフィリエイトについてですが、関連したブログがありましたので、ご紹介します。
サイドビジネスを考えているかたには参考になることが多いですよ。
ブログアフィリエイトで稼ぐ日給8万円

病院事務長のぶつぶつ日記7「院長のお仕事」

おはようございます。亀井です。
今朝は早く目が覚めてしまいましたんで、早朝出勤してしまいました。
歳はとりたくないもんですねぇ。
うちの院長も大体7時半頃には出勤していますが、別に病院の業務をやってる訳じゃないんですよ。メールの送受信したり、調べ物をしてるんです。
うちの院長は、元○○大学教授でして、大学や学会でもお偉いさんなんです。だから年中なんとか学会の理事会とか大学の評議員会とかで不在です。
まあこっちはその方が気楽でいいんですが、患者の診察なんか全然しないんですよ(もっともへたに診察されても困りますが)。
大学の教授になるためには、臨床経験なんか関係なくて、学会での発表の実績とかがモノをいいます。ですから、診察なんかさせたら恐ろしく下手糞な先生がいっぱいいます。
でもお医者様ですから、医療法という法律では、医師として1.0でカウントされます。これって大きいんですよ。
医療法では、患者何人に医師何人とか決まっていまして、医師数が不足すると、基準の点数が下げられちゃったり、基準が取れなくなってしまい、収入も減ってしまいます。
そんなですから、院長のお仕事は(うちの病院についてはですよ)医師の確保と1.0のカウントですね。そのへんちゃんとお分かりですので、どこどこに出張するって言われても、「はあい行ってらっしゃい」と送り出しています。

病院事務長のぶつぶつ日記6「医療保険は必要?」

こんちは亀井です。
昨晩のことなんですが、80歳になるおふくろから電話がありました。
電話の内容は、ガン保険に入りたいっていうことなんです。
実は、昨年おふくろが入っていた養老保険が満期になって、一時金を貰ったんですが、医療保険がないんで、テレビで宣伝している外資系の掛け捨て保険に入ったんですが、昨日になって、アフ○ックからダイレクトメールが来て、ガン保険に入らなくて大丈夫か不安になったようです。
もう80ですから、ガンになっても進行が遅いだろうし、手術だってするだけの体力があるかどうかも分かりませんので、入らなくても大丈夫だって言ったんですが、そもそもガンになると月に何十万も掛かるっていうのは本当じゃありませんよ。
最近新聞なんかでも報道されてますが、何十万も掛かるっていうのは、健康保険の効かない高度先端医療とか個室に入った場合であって、健康保険に入っている普通の人の場合は、70歳以上なら月に4万4400円まで、70歳未満なら大体9万円程度が上限になっていて、それを超えた場合は高額療養費として後から支給されたり、現物支給で医療機関に支払われるんです。
まあ、お金に余裕があったり、やばそうだなっていう人以外は、医療保険は一つで十分ですよ。

病院事務長のぶつぶつ日記5「雑談」

こんちわ亀井です。入院していましたんで、しばらく休んじゃいました。
今回初めて自分の勤務している病院に入院しましたが、今までツンケンしていた看護師さんが、急に優しく接してくれるんで感謝感激でした。
ところが、退院して昨日出勤すると又元どおりツンケンしてるんですよ。
なぁーんてことない、営業用だったんですね。

入院中にネットでいろいろ調べていたら、アフィリエイトっていうのが流行っているんですってね。中でも「日給8万円」っていうのが、1年前からベストセラーみたいですよ。わたしなんざ「日給1万7千円」で免許職種の皆さんにこき使われているんですから、羨ましいもんですよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。